リビドーズ6話ネタバレ!肥大化した腕をとめるためにイサムがとった意外な行動とは?

ヤングジャンプ

「リビドーズ」は『群青戦記グンジョーセンキ』の作者「笠原真樹先生」の新作です。

さすが笠原真樹先生の作品だけあって、とても面白い。

早くも目が離せない展開になっています!!

 

今回はそんな「リビドーズ」の最新話(6話)のネタバレやあらすじ、感想を紹介します。

 

スポンサーリンク

リビドーズ6話ネタバレ!最新話のあらすじや内容は?

イサムは少し治まってきたとは言え、初瀬の姿を見るとまた腕が肥大化するかもしれない恐怖から変な事は想像しない様にします。

ですが少し経っても頭から離れず頭がボーッとしてくる・・・。

このままだと初瀬に被害を出してしまうかも知れないので、自分は窓から飛び降りようとするのですが死の恐怖から躊躇ってしまいます。

 

変な様子のイサムに初瀬は近づいてきて「深呼吸しよう」とイサムを落ち着かせようとします。

落ち着いた所で初瀬は先生を呼んでくると言って立ち去るのですが、イサムの腕はまだ肥大化した状態なのでどうにかする為に一旦トイレに向かいます。

スマホでどうにかする対処方法を探して色々試してみるイサム。

 

そして初瀬は先生を呼んで来るのですがイサムの姿が見えず心配になります。

 

イサムは色々試している内に眠ってしまったのですが、起きると肥大化していた右腕は元のサイズに戻っていてホッとします。

何故元のサイズに戻ったのか不思議に思いますが、夜の学校にいるのはまずいので家に帰ろうとします。

 

そして校門を出た所で初瀬は待っています。

と言うのもあれからずっとイサムを探していたのですが見つからず、待っていたのです。

イサムの腕が治っている事に安心し、「帰ろう」と言って帰宅するのですが・・・。

 

リビドーズ6話の感想は?

今回はイサムの右腕だけが肥大化した謎はまだ解明されていませんが、肥大化は無事治まったので本当に良かったです。

治まる瞬間は描かれていませんが化物の様に出す事で肥大化が治るのかな?と思いました。

 

まだ右腕をコントロール出来ていませんが、将来的には自由に押さえ付けたり出来るのかなと思っています。

と言うのもいつ肥大化するか分からない現状だと今後色々困ると思います。

そして今回は何と言ってもこの漫画のヒロイン「初瀬」の魅力がいっぱいでした。

 

あんな場面に出くわしても、自分の心配よりも相手を思いやる気持ちが出来る素敵な娘だと思います。

それに助けてもらったとは言えイサムの事を心配して、色々探してずっと校門で待っててくれるのは本当に優しいです。

 

それと一旦化物になって治まった岩本がどうなったのかも気になります。

バイトの店長や女性客もですがその後がまだしっかり描かれていないので今後に注目したいです。

 

話は一旦落ち着きましたがまた次週からストーリーがどう展開されていくのかとても楽しみです。

今後イサムがどんな道を辿って、最終的に治るのかが見ものだと思います。

 

次回のネタバレはこちらからどうぞ

リビドーズ7話ネタバレ!日常に戻ったと思ったら衝撃の展開に!?