ゴールデンカムイ182話ネタバレ。ソフィアの知るアチャの姿!

ヤングジャンプ

「ゴールデンカムイ」のネタバレと感想を紹介します。

「ゴールデンカムイ」では、隠されたアイヌの金塊を巡って、金塊を狙う人々の間で争いが繰り広げられる漫画。

 

前回は、亜港監獄を爆破し、ソフィアが脱獄しました。

虎を鎖で倒す程の怪力の持ち主・ソフィアと再開したキロランケは、彼女から平手打ちを喰らいます。

かつてのウィルクを知る彼女は、アシリパに何を語るのでしょうか・・・

スポンサーリンク

ゴールデンカムイ182話ネタバレ!最新話のあらすじや内容は?

逃げるアシリパたちは、流氷の上で猟をする漁師たちの中に紛れ込みます。

追手がアシリパたちはいないと思い込んだおかげで、無事、逃げ切ることが出来ました。

脱獄決行を漁師の多い朝にしたのは、白石の案でした。以前は約立たずのと言われていましたが、中々に有能です。

 

アシリパはソフィアにアチャのことを聞きました。ソフィアは、キロランケの翻訳で話し始めます。

現在の姿からは想像がつきませんが、ソフィアはかつてお嬢様だったようです。

 

何も知らなかったソフィアに、色々なことを教えていくウィルク。

ウィルクが教えたのは、コケモモの塩漬けや犬ぞりなど、アシリパたちがこれまでの旅で目にした物や、自分たちの使う言葉や神様についてでした。

ウィルクはそういったものを後世に残すためには、戦って守らなければいけないと言う考えを持っていたようです。

 

少数民族同士で争っていては、その民族はいずれ滅びてしまうでしょうが、お互いが協力し合えば、自分たちの文化を守ることが出来ます。

そのためにも、樺太と北海道を含めた極東連邦国家を作ればいいと言うウィルク・・・

ウィルクは自分たちの未来のために、大きな計画を持っていたようですね。

 

そして、一歩遅かったものの、ついに亜港監獄に到着した先遣隊。

リュウの鼻によると、アシリパたちは、氷上を進んだようですが・・・

 

ゴールデンカムイ182話の感想は?

ソフィアの口からウィルクについて話を聞くことが出来ました。

時が経ってもウィルクのことを憶えているのは、ソフィアにとって、ウィルクと過ごした時間がかけがえのないものだからなのかも知れませんね。

自然に触れながら自分たちの文化について教え、学ぶ二人が、アシリパと杉本に重なります。

 

民族を守るために極東連邦国家の構想があったウィルク。

ウィルクは何故、殺されてしまったのでしょうか・・・

段々真相に近付いて行っているように感じます。

 

アシリパがアチャの足跡を辿る一方で、先遣隊もついにアシリパの近くまで辿り着きました。

虎に遭遇してしまいましたが、アシリパたちに追い付けるか!?

 

谷垣のボタンは少し笑いました笑

もう鉄板ネタですね!

 

さて、次回どうなるのか楽しみです!

次回作のネタバレはこちら

ゴールデンカムイ183話ネタバレ! ウィルクとオオカミと名前の由来!