天を射る3話ネタバレ!!俺の弓

天を射る 画像 週刊ビックコックスピリッツ

こちらでは「天を射る3話(1巻)」のネタバレを紹介します。

前回までは…

 

勘左衛門と大ノ新は弓師範代長屋六左衛門の入門試験を受けるため、弓の特訓をしています。

しかし、なかなか上達せず、自己流の練習の限界を感じていました。

勘左衛門が鳥を仕留めようとしていると、馬に乗った若武者が現れ、見事な弓を披露します。

その弓に感心した勘左衛門は若武者に声をかけたのですが…。

 

という内容でしたが、今回はどうなるでしょうか?

ちなみに前回のネタバレはこちらから読めます。

天を射る2話ネタバレ!勘左衛門、本気の覚悟!

スポンサーリンク

天を射る3話ネタバレ!最新話のあらすじや内容は?

若武者に声をかけた勘左衛門ですが、若武者が女性だとわかり、思わず「おんな!」と叫んでしまいます。

その言葉に女性はムッとした表情になります。

勘左衛門は女性に、自分たちに弓を教えて欲しいと願い出たのでした。

女性は馬にまたがり、着いてこられたら教えてやると、馬を走らせます。

 

これだけ走ればもう着いてこないだろうと、女性は馬を止めました。

しかし振り向くとそこには勘左衛門と大ノ新が、息を切らしながらうずくまっていました。

必死の表情の2人を見て笑顔になった女性は、弓を教えることにします。

 

女性はイトという名前でした。

 

まず、勘左衛門と大ノ新の射る所を見ます。

そして自分が射る所を見せるのでした。

再び2人を構えさせ、間違えている姿勢を基本から正します。

 

教えを受け、大ノ新は的に矢が当たるようになってきました。

しかし勘左衛門はまるで当たりません。

イトは自分勝手に矢を射るからだと言うのでした。

スポンサーリンク

 

試験の前日には、大ノ新はかなり上達していました。

しかし勘左衛門は練習前より悪くなっています。

イトは試験は辞めて、次の機会を待ったほうが良いとアドバイスします。

しかし、勘左衛門は試験を受けると言います。

イトは黙ってその場を去りました。

 

2人は翌日の試験に向けて、更に練習を続けます。

 

家に戻ったイトは父親の長屋六左衛門と勘左衛門について話をしていました。

 

夜中まで練習を続けても、相変わらず勘左衛門は矢が定まりません。

イトが矢を射る時の事を思い出しながら、目をつぶって川にせり出した岩の上に座りました。

 

そんな勘左衛門をイトが木の陰から見つめていました。

父親の六左衛門が、勘左衛門を天才かもしれないと思っている事に気が付き、気になって様子を見に来てしまったようです。

 

勘左衛門は弓について考え続けています。

そうして目をつぶったまま弓を構えたのでした。

遠くで見ているイトも空気が震えるのを感じます。

そうして勘左衛門は矢を射ました。

自分の弓が見えた瞬間でした。

それを見ていたイトも勘左衛門の射は美しいと思うのでした。

 

すでに夜明けです。

 

2人はぎりぎりで試験会場に滑り込みました。

着物ははだけ、汗だらけですが、最高の笑顔でした。

 

天を射る3話の感想は?

イトと出会ったことで、弓を射る姿勢の基本を教わった2人。大ノ新は順調に上達しますが、勘左衛門はますます下手になってしまいます。なんとも型にはまらない男のようです。これは天才、だから、なのでしょうか。しかし、本気の矢を射ることさえできれば、必ず命中させる事が出来るはずです。

次回、入門試験です。どんな活躍を見せてくれるのか、楽しみです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

【裏技】好きなマンガが無料で読める!?

あなたがは好きなマンガを無料で読む方法あるのをご存じですか?

実は「U-NEXT(ユーネクスト)」に登録すると

 

600ポイントを無料でゲット

・31日間は70紙以上の雑誌等が無料で読み放題

・31日間は90,000本以上の動画(放映中のTVアニメ&ドラマ含む)が見放題

 

になっているんですよ。

つまり、最初にプレゼントされる600ポイントで「あなたが好きなマンガ」を購入して読む事ができるんです。

 

もちろん、無料トライアル期間内に解約してしまえば一切費用はかかりませ

 

実質0円で好きなマンガを読めちゃうことになります。

ちなみに私も無料登録してみたのですが、この機会に好きなマンガを無料で読みつつ、気になっていたアニメ(放映中のもの含む)をコッソリ&ガッツリ見ちゃいました。その後、31日以内に解約したことは秘密です(笑)。

もちろん気に入ったらそのまま登録し続けてもOKですよ~。

あなたもこの機会に無料で漫画を読んじゃいましょう♪

 

 

週刊ビックコックスピリッツ
guestをフォローする
いつでも漫画