ゴールデンカムイ186話ネタバレ!相まみえる谷垣とキロランケ!

ヤングジャンプ

ゴールデンカムイ最新話のネタバレと感想を紹介します。

 

前回、アシリパを連れだした尾形は暗号の鍵を聞き出そうと問い詰めます。

しかし、アシリパは口を閉ざしたまま・・・?!

そして、後から鬼の形相で追いかけてくる杉元!!

尾形は杉元が近付いてきていることに気付き銃を構えますが・・・?!

 

というお話でしたね。今回はどうなるのでしょうか?

ちなみに前回のネタバレはこちらから読めます。

ゴールデンカムイ185話ネタバレ! ついに杉元がやって来る!?

 

スポンサーリンク

ゴールデンカムイ186話ネタバレ!最新話のあらすじや内容は?

尾形が銃を構えます。

「追手か」

アシリパが問いかけます。

尾形は眉を顰めました。

雪と風が強くて何も見えません。

吹雪は狙撃手である尾形にとって、不利な条件でした。

 

杉元たちは先を急ぎます。

杉元もこの吹雪が自分たちにとって好機と判断しました。

今のうちにアシリパたちに近付きたいところですが・・・

突然割れた氷に阻まれてしまいます。

流される氷の上であたふたする杉元と白石。

 

キロランケは銃声を調べてくるからアシリパたちを待っていてくれとソフィアに頼みます。

ソフィアがアシリパの名前を呼ぶ声に、アシリパが気付きました。

アシリパは早く戻らなければと言って、心配します。

 

銃を構える尾形。

 

しばらくそのまま動かずにいましたが、やがてアシリパの方を向きます。

尾形は、網走監獄で杉元とのっぺら坊が撃たれたときに、キロランケがどこかに合図していたことを告げたのでした。

「来いアシリパ」

それだけ言うと尾形はアシリパの腕を掴みました。

 

谷垣と鯉登少尉は追い剥ぎと戦い、無事に撃退します。

その時、鯉登少尉は月島軍曹がいないことに気が付きました。

慌てて月島の名前を何度も呼ぶ鯉登少尉。

鯉登少尉は谷垣を置いて、月島軍曹を探しに行ってしまいます。

 

尾形はアシリパを連れて逃げます。

アシリパはどうしてキロランケが合図していたのかと尋ねます。

尾形はアシリパがのっぺら坊が父親だと確認するのを待って、狙撃させたと言います。

 

そして、キロランケとウィルクが金塊の用途で揉めていたのではないかとも言いました。

アシリパはどうして今まで自分に黙っていたのかと抗議します。

尾形はアシリパに暗号の鍵を思い出してもらうために、キロランケの協力が必要だったのだと答えました。

尾形は、暗号の鍵を思い出したことが知られれば、アシリパや白石も消されるかも知れない、これ以上キロランケと組むのは危険だとほのめかします。

「キロランケニシパが?」

 

鯉登少尉が月島軍曹を見付けました。

ところが、隣にいたスヴェトラーナに気付き、放っておけと月島軍曹に怒鳴ります。

 

鯉登少尉が離れた間に、谷垣はキロランケと遭遇していました。

谷垣はすぐさまキロランケに殴り掛かったものの、キロランケに氷で頭を狙われてしまいます。

 

尾形は必死にアシリパに何を思い出したのかと尋ねます。

早く聞き出さないと、杉元に追いつかれます。

尾形は焦っていました。

 

キロランケと揉み合いになる谷垣。

谷垣が劣勢です。

小刀を手にするキロランケ。

谷垣の脳裏にインカラマッの顔が浮かびます。

谷垣は、網走監獄での「忘れ物」だと言い放ちました。

キロランケはマキリで腹を刺されていました。

「返しにきたぞ」

しかし、そこで・・・。

 

ゴールデンカムイ186話の感想は?

今回は、谷垣とキロランケが相まみえる結果になりました。

マキリはキロランケのお腹にしっかり刺さっているので、キロランケはこのまま死んでしまうのでしょうか・・・?

谷垣もキロランケも、両者とも性根の優しい良いキャラだっただけに、今回の対決は少しショックでしたね。

近くに鯉登と月島もいるので、彼らにどう説明するのかも気になるところです。

 

尾形はアシリパを連れたまま、杉元から逃げるつもりのようです。

尾形はこのまま逃げ続けても、アシリパは尾形には暗号の鍵を教えなさそうですが・・・?

尾形からキロランケの話を聞かされたアシリパが、動揺していたのも心配です。

杉元はこのまま距離を詰めたいところです。

またもや氷に阻まれてしまいましたが、確実にアシリパと尾形に近付いています。

果たして、物語はどう終着するのでしょうか・・・?

 

さて、感想はここまでです。

読んでいただいてありがとうございました!

それでは、次回もまた!