キングダム586話ネタバレ!遂に決着!?死を予言された王賁は一体…?

ヤングジャンプ

前回は堯雲隊最強の『十槍』の攻撃により玉鳳隊は壊滅状態になってしまいます。

王賁の危機を聞きつけた関常は救援に行こうとするのですが『雷獄』に足止めされ、遠くにいた番陽も危険を察知し救援に向かうのですが趙峩龍に足止めされてしまうのです。

そして王賁は孤軍奮闘1人堯雲隊を相手する事になるのですが、そんな時足止めされていた関常隊が救援に駆けつけます。

 

関常は王賁を救う為に『内と外の一点突破』をすると王賁に告げ実行に移ります。

 

関常の助けもあり王賁もボロボロになりながら包囲を突破するのですが、王賁の後ろでは堯雲が刃を振り上げ王賁を討ち取ろうとします。

王賁はどうなってしまうのでしょうか?

それでは早速続きを見ていきましょう!

 

ちなみに前回の詳しいネタバレはこちらから読めます。

キングダム585話ネタバレ!絶体絶命!!王賁はどうなってしまうのか?

スポンサーリンク

キングダム586話ネタバレ!最新話のあらすじや内容は?

王賁の背後で刃を振り上げる堯雲に気付いた関常は王賁に「そのまま走れ」と言って、堯雲に向かって特攻します。

堯雲の振り下ろした一撃を防ぐ事には成功した関常ですが、あまりの衝撃に槍は折れ気絶し馬から落馬しかけてます。

堯雲はこの機を逃さず関常を討とうと追撃します。

ですが逃げたはずの王賁が割って入り間一髪の所で関常を助けます。

 

再び戻ってきた事により堯雲隊は王賁を包囲しようとします。

王賁は包囲が完全に閉じる前に関常と共に抜け出そうとするのですが、堯雲が王賁に攻撃を仕掛け中々包囲を抜け出す事が出来ません。

堯雲の攻撃をなんとか耐える王賁でしたが次第に腕の感覚が失ってきて、全力で攻撃出来るのは二突きが限界と悟ります。

ですがこの二突きあれば堯雲を討ち取る事が出来ると確信し、仲間の『松琢』と『宮康』に「両脇を守れ」と言って堯雲に挑みます。

 

王賁は以前紫伯を討ち取った自信と堯雲一人にだけ集中出来るなら討てると思い遂に一対一で対峙する事になります。

すると王賁の一撃が堯雲の右腕を貫きます。

周りにいる兵たちも堯雲の右腕が粉砕された事を驚くのですが、王賁は更に堯雲に攻撃を仕掛けます。

 

ですが堯雲は貫かれた右腕を振り上げ王賁に一撃を与えます。

槍で防いだ王賁ですがあまりの衝撃にそのまま落馬し、地面に叩きつけられ動かなくなってしまうのです。

 

突然の出来事にその場にいる全員が膠着してしまうのですが、堯雲隊の一人が「やっと終わったな」と言います。

関常は「まだ終わっていない」と言い王賁を連れて脱出する事にします。

ですが堯雲隊は玉鳳隊は消えて秦軍右翼は終わると言うのですが、関常は「終わりはしない」と否定し「まだ『飛信隊』がいる」と士気を上げます。

 

そうすると倒れたままの王賁にある事が起こるのですが…。

玉鳳隊は壊滅してしまうのでしょうか?

キングダム586話の感想は?

王賁の危機に自ら盾となって助けに入る関常がカッコ良かったです。

更にその関常の危機を助けに行く王賁の姿もとてもカッコ良いと思いました。

主の為に自ら命を捧げる姿勢は王賁がとても慕われているんだなと思い、どんな状況だろうと従者を見殺しにせず助けに行く王賁の姿には感動しました。

 

そして王賁も満身創痍になりながら無傷の堯雲と渡り合って、右腕に深手を与えたのは凄いです。

そんな王賁の実力も凄いのですが今回はなんと言っても堯雲の強さに驚かされました。

王賁に右腕を貫かれた瞬間この戦いは堯雲が討ち取られて玉鳳隊の勝ちかなと思っていたら、貫かれた右腕で王賁に致命的な一撃を与えたのは驚きです。

 

このままだと堯雲軍を前に玉鳳隊は崩壊してしまいそうですがどうなるんでしょう?

飛信隊が重要になってくるのは間違いないと思いますが、まだ違う所で戦っている描写があるので救援に来る事はないのかなと思います。

運良く数名が生き残り王賁の意思を飛信隊に託し、堯雲を飛信隊が討つのかなと予想します。

と言うのも元々堯雲と戦うはずだったのに逃がしてしまったのは飛信隊にはこうなってしまった責任が少しはありますし。

 

そして右腕を貫かれた事により弱体化した堯雲を信が討つという弔い戦も熱い展開かなと思います

が、王賁の描写がまだ曖昧なので生きていて欲しいとも思います。

次回はどういう展開から始まるのか続きが気になります。