BUNGO172話ネタバレ!静央VS上本牧の試合遂に決着!!

ヤングジャンプ

前回は7回表の最終回で上本牧の攻撃から始まります。

 

上本牧は3番井草から始まる好打順なのですが文吾の球の勢いが凄く、バットにボールを当てる事が出来ません。

井草は2ストライクと追い込まれ3球目をバットを振るのですがアウトになってしまいます。

続く4番諸星は2年前より文吾が強くなっている事を喜びバッターボックスに立ちます。

 

ですが諸星もバットをボールに当てる事なく2ストライクと追い込まれてしまいます。

この時野田監督は文吾の成長を「爆発的成長」と例え、紅白戦の覚醒は序章に過ぎなかったと驚愕します。

一方諸星は相手が誰であろうと打者として誰にも負けないと思い文吾との戦いに身を投じます。

今回で試合に決着がつきます果たして勝敗の行方は…

 

それでは試合の続きを見ていきましょう!

ちなみに前回の詳しいネタバレはこちらから読めます。

BUNGO171話ネタバレ!最終回の攻撃開始!文吾はどうなる?

スポンサーリンク

BUNGO172話ネタバレ!最新話のあらすじや内容は?

病院へ向かう車の中で松丸が幸雄の肩の状態を聞きます。

肩は痛いけど嫌な痛みはないと幸雄は答えます。

不安そうな顔をする幸雄に松丸は「あいつらなら勝つ!」と言い幸雄も「…はい」と答えるのですが、幸雄は文吾が『ど真ん中直球』を連発するんだろうけど諸星なら恐らく当てる事が出来ると予想します。

 

そして試合に場面が変わると幸雄の予想通り諸星は文吾のボールに当てる事に成功しており、3球連続でファールになっているのです。

前には飛んではいませんがタイミングが合って来ている事に上本牧のベンチでは諸星に檄を飛ばします。

諸星は球を捉えるのに必死ですが、ここでショートにいる袴田が文吾の元に駆け寄ってきます。

袴田はど真ん中直球を10連続で投げているのでそれ以上投げるなと忠告し、諸星はど真ん中直球が刷り込まれていて変化球で討ち取る事が出来ると説明します。

しかし文吾は6回に皆で苦労して繋いで野田が身体を張って手に入れた1点で、上本牧に1%の可能性を感じさせない為に全部『ど真ん中直球』で蹴散らすと言います。

 

一方野田は諸星に当てられても心配していなく、遠くない内に文吾が日本一の投手に登り詰めると確信します。

そして心の中で「その時俺は…」と思います。

 

試合に戻り諸星に対する6球目を文吾は投じます。

投げた瞬間ボールは唸りを上げ消えたと米村は思います。

するといきなりボールが登場しなんとか米村はミットに収め、諸星のバットは空を切ります。

米村はこのボールが何なのか疑問に思うのですが、空振り三振で諸星はアウトになって2アウトになり試合は続きます。

 

追い込まれた上本牧は5番下川がバッターボックスに立ちます。

ですが文吾の勢いは止まらず下川はアウトになってしまいます。

文吾の投球内容は2年前は5回コールドで参考記録に過ぎなかったが、今回は本当にノーヒットノーランを達成します。

そして各地の3回戦も終わり静央の4回戦目の相手が決まります。

その相手とは…?

BUNGO172話ネタバレ!の感想は?

今回は諸星のバッティングセンスも流石でしたがそれよりも文吾の実力が上を行きました。

今回上本牧に対してノーヒットノーランを決めるのは凄いです。

幸雄もその実力を認めて日本一の投手になると予想しているので、その言葉の通り文吾は更に成長していくのかなと思います。

それに今回諸星に最後に投げたど真ん中直球が今後重要になっていくのかなと予想しています。

意識して投げる事は出来ないと思うので特訓が必要になると思うのですが、いつ意識して使える様になるか楽しみです。

 

それと4回戦は静央の決まりで文吾はピッチャーとして投げる事が出来ませんがどうなるのか気になります。

相手も強いので鮎川だけで抑えられるか正直不安です。

もしかしたら今まで連投はさせないと考えていた野田監督ですが、今回の幸雄の件もありますしピンチになったら文吾をピッチャーとして使う気がします。

それに幸雄も怪我は大丈夫そうと言っていましたが診断結果がまだ出ていないのでどうなるかも注目したいです。

試合も終わって4回戦までの日程がまだ分かりませんが、次回はどういう始まりになるか気になります。