弱虫ペダル第525話ネタバレ!残り1000mの攻防!

弱虫ペダル公式画像 週刊少年チャンピオン

ここでは「弱虫ペダル」525話のネタバレと感想を紹介します。

前回は…

 

先頭を走る小野田が30メートル差をつけて、真波をリードしていることを知って、身体に緊張が!

しかし小野田は緊張を振り払い平常心を取り戻し、いつもの走りに。

 

しかし、カーブに差しかったところで、

真波は一気に加速。追い風に合わせて一気に抜き去る。。

 

この後この本気を出した真波に、小野田は追いつき、追い抜くことができるのか。

 

というところで終わっていましたね。さて、今回はどうなるでしょうか?

ちなみに前回のネタバレはこちらから読めます。

弱虫ペダル524話ネタバレ!残り1400mで先頭に立った坂道だが!?

 

スポンサーリンク

弱虫ペダル525話ネタバレ!最新話のあらすじや内容は?

 

残り1200m。

一気に真波に抜き去られた小野田。

 

しかし、頭の中に「恋のヒメヒメぺったんこ」が鳴り始めます。

 

真波の快走に沸く観客。

 

抜かれた選手の感情(この加速を見ると大抵の選手はうなだれて失速する)

 

を理解した上で、小野田はどうかと期待しながら振り返る真波。

 

 

山王 小野田は、うなだれてなどいない。

 

「恋のヒメヒメぺったんこ」をハナウタで歌いながら

ケイデンスを上げていく。

 

歌が進むたび、回転数もどんどん上がっていく。

 

次第に追いついていく小野田。

 

驚愕の真波。

 

笑顔の小野田

 

さらにあざやかに加速する真波

 

 

真波は思う。

 

小野田は特別な存在だと。

 

ついに真波に追いつく小野田。

 

お互いがお互いをすごいとほめつつ、

一歩も譲らない攻防。

 

残り1100mのプレートを通過。

 

ここまでの1kmは全力で走って、ドローという真波。

 

最後のゴールで決着をつけようと告げます。

 

 

そこで、真波の回想シーン。

 

なぜか1日目の夜にボウシをくれたおばさん(小野田母)と、

坂道をだぶらせる真波。

 

 

場面が変わって、山頂のゴール付近。

 

委員長の登場です。

 

律儀に真波からもらったボウシをかぶってます。

 

小野田母の「BEST BOY」のボウシを。

 

そして、邂逅します。

 

委員長と小野田母。

 

不思議な縁のこの二人。

 

先にお互いの正体の真相をしるのはどちらになるのか?

 

レースのみならず、こちらのハコガクVS総北の代理戦争(?)の

行方も気になりますね。

 

弱虫ペダル525話の感想は?

ついに残り1200m!!

 

前号は残り1400mからだったので、前回の話は200mの間での攻防だったようです。

長く見えましたが、たった200mの話だったのです。

 

200mの間に、30mの差を一時的につけ(坂道リード)、

そしてそれを追いつき、さらには追い越し(真波リード)15mほどリードをとったことになります。

 

 

うん。とんでもなく加速・減速が忙しい展開ですね。

 

さてそして今回。

 

そのリードした真波に、坂道が追いつき、

また真波がリードし、さらに坂道が追いつきます。

 

この時点で残り1100m

 

わずか100mの攻防。

 

100mを仮に時速40㎞で上っていたとすると、9秒なのです。

 

 

ハナウタの歌詞の量は結構ありそうです。

 

それをわずか9秒の間に。。。

 

 

きっと小野田は早口なのだな。

その早口に合わせるから、ケイデンスもあがるんだ、きっと。

 

 

そして、そんな早口のハナウタをとぎれとぎれながらも聞き取れる観客。

 

 

こいつらのリスニング能力も半端ないですね。

 

 

そして、残り1100m。

 

一話で100~200mの攻防だとして、だいたいゴールまで7話を要するでしょうか。

 

ゴール前だと、きっともっとペースが落ちるので+3話かな?

 

さらに回想が入るとするとそれで+2話。

 

計12話。

 

ゴールは4月の中旬といったところでしょうか?

 

 

ところで、坂道を見ていたら、ボウシをくれた人の顔を思い出した真波。

 

あんた、大正解だよ!!

 

 

読者でも、まったく親子の顔の特徴に共通点が見いだせないのに、

よく気付いたな。と感心させられます。

 

一流のアスリートは目がいい

とよく言われますが、真波もその系譜なんでしょうか?

 

そして、山頂でボウシをかぶる委員長。

そういえばインターハイって夏の話でしたね。

 

季節感まったくないので気付きませんでしたが、

そりゃ日差しも強いわけだ。ボウシもかぶるわな。

 

さてここから、昨年は御堂筋が一度絡んできましたが

今年はリタイヤ済み。

 

今後この二人にだれか割って入るのか、それともこのまま二人の争いなのか。

 

春先まで目が離せませんね。

気になる次回作のネタバレはこちらから読めます。

弱虫ペダル 第526話ネタバレ 小さな再開!!