忘却のサチコ107話ネタバレ!滋賀取材中編!

ここでは「忘却のサチコ107話」のネタバレと感想を紹介します。

前回は・・・

 

出版社で働くサチコですが、結婚式当日、結婚相手が失踪してしまったという、辛い思い出を抱えています。

今回は百人一首をモチーフにした美酒乱先生の新作の為に、滋賀まで取材に来ていました。

 

というお話でしたね。

今回はどんな内容になるでしょうか?

 

スポンサーリンク

忘却のサチコ107話ネタバレ!最新話のあらすじや内容は?

百人一首で恋の歌が読まれているのを見る度に、サチコは結婚するはずだった俊吾の事を思い出してしまいます。

それでも健気に取材のプランを進めていくのでした。

 

サチコは石山寺へやって来ました。

石山寺は紫式部が源氏物語を起筆したと言われている場所です。

サチコは源氏物語の事を考えながらも、気がつくと俊吾の事を思い出している自分にはっとするのでした。

何をしていても俊吾の事を思い出してしまうのですね。

 

思わずふらついたサチコは、紫式部像の前で座り込みます。

そこに数人の女の子を連れた若い男の子がやって来ました。

光源氏みたいだと言われた男の子が、サチコにも「そう思います?」と声をかけてきました。

これは、そうですね、という返事を期待していたのでしょうか。

 

サチコは、若い頃の光源氏は美男子で何人もの女性を虜にしてきたけれど、晩年は仏門に入りひっそりと生涯を閉じた、そんなふうに成りたいのかと聞き返します。

サチコ、まだ疲れているようです…。

 

しかし、サチコは見ず知らずの人に変なことを言ってしまったと気が付き、その場から走り去りました。

次の取材の前に頭を冷やしたいと、サチコは石山寺名物の“石餅”を売っているお店にやって来ました。

石餅は色のお餅の上につぶあんを乗せたお菓子です。

石餅を堪能したサチコは次の取材先へ向かうのでした。

 

次は近江神宮です。

百人一首の聖地と呼ばれる場所ですが、百人一首のパネルも並んでいます。

見ていたサチコはまた俊吾の事を思い出しそうになりますが、なんとか落ち着きました。

 

そして体験取材です。

袴に着替え、境内を散策できるサービスです。

和風美人のサチコ、袴がよくお似合いです。

散策を始めたサチコの携帯が鳴りました。

袴姿のままディコで踊る紫式部の姿が欲しいというのです。

サチコは写真を頼んできた観光客に、自分が踊る写真も撮ってもらいながら、俊吾への邪念も吹き飛ばしました。

なかなかの迫力です。

 

取材を終えたサチコはお腹が空いたことに気が付きました。

明るいのれんにつられ、思わずお店に入ってしまいます。

お店ではお薦めの“近江の食”を注文します。

あわせて地酒もお願いしました。

そうして本場の味を堪能したサチコでした。

 

翌日、取材先を1箇所忘れていたと、美酒乱先生から連絡があり、サチコは“かるたの聖地”である勧学館に向かいます。

取材をするため勧学館の前でキョロキョロしていると、声をかけてくる人がいました。

昨日、光源氏の事で、サチコが失礼なことを言ってしまった男の子でした。

謝るサチコに、男の子はこれから練習なのでおいでよ、と言ってくれます。

喜ぶサチコですが、男の子は練習を見に来る代わりに自分とデートして欲しいと言うのでしたが、そこでサチコは・・・。

 

忘却のサチコ107話

滋賀でも俊吾の事を思い出しながらも、美味しいものを食べて幸せになるサチコです。

東京とは違う美味しいものが沢山ありそうですね。

 

そして訪れた勧学館で、紫式部の前で会った男の子に再会しました。

取材する代わりにデートして、と言う男の子ですが、彼の意図はどこにあるのでしょうか?