ブンゴ(BUNGO)175話ネタバレ!冨士ケ丘シニアの戦力紹介!注目すべき選手は?

BUNGO ブンゴ画像ヤングジャンプ

ここではヤングジャンプ連載中である漫画「ブンゴ(BUNGO)」のネタバレと感想を紹介します。

前回は・・・

 

瑛太が冨士ケ丘シニアとの試合に向けて新しい変化球を覚えたので、

キャッチャーである袴田に披露します。

 

新しい変化球に興味がある文吾はバッターボックスに立ち、

実戦の様に瑛太は新しい変化球を投げるのですが初めて見る袴田と文吾は驚きます。

 

新しい変化球に対して「相当使えるな」と言う袴田ですが、

それは「完全に会得出来れば」と瑛太の変化球は完成していない事を言い当てます。

瑛太もそれは分かっていて、冨士ケ丘シニアと戦うまでには仕上げる予定と言います。

袴田は文吾も含めエース格の2人を捕手としてリード出来る事を嬉しく思います。

 

一方次に静央シニアと試合をする冨士ケ丘シニアでは、記者の玄崎が河村の取材をしています。

そこで河村の練習を見ているのですが最初にノックを受け、身体に見合わずしっかりとした守備をみせます。

 

続いて河村はバッティング練習を始め様とするのですが、チームメイトたちは練習グラウンドの先にあるグラウンドまで守備に行きます。

 

実際にバッティングが始まると本当に練習グラウンドの柵を超え、隣のグラウンドまでボールは飛んでいきます。

河村のポテンシャルに驚く玄崎ですが、河村はまだ先を見据えているのです。

 

そして冨士ケ丘シニアではまだ注意すべき選手がいるのです。

それでは早速続きを見ていきましょう!!

 

ちなみに前回174話のネタバレはこちらから読めます。

ブンゴ(BUNGO)174話ネタバレ!瑛太の秘策と冨士ケ丘の河村の実力は?
ここではヤングジャンプ連載中である漫画「BUNGO(ブンゴ)」174話のネタバレと感想を紹介します。 前回は・・・ 上本牧との試合が終わり、静央シニアでは普段通りの通常練習が行われます。 瑛太や試合に出た一年生は試...
スポンサーリンク

ブンゴ(BUNGO)175話!最新話のあらすじや内容は?

記者の玄崎は河村目的で取材に来ていたのですが、冨士ケ丘シニアには他にも良い選手が3人いて一人一人考察していくのです。

 

まず目に止まったとは紅一点の『西浦 珠希』です。

今までの3試合で5割以上のヒットを放ち、身体能力は男子にもひけを取らないです。

それにピッチャーとしても高水準の投球が出来る『オールラウンダー』と称します。

 

次にエースでピッチャーの『碓井 和隆』です。

冨士ケ丘が弱小だった時からピッチャーを続けていて、味方が失策がして大敗した時でも取り乱す事なく振舞っていたのです。

なので碓井には『強靭な精神』があると言います。

 

ここで河村が明日登板する碓井に「投げ込み過ぎじゃない」と心配します。

しかし「俺にはこれが流しだ」と喧嘩腰で河村に反論します。

西浦ももし明日の試合で打たれる事になった場合は「ウチが投げれば良い」と話に入ってきます。

この3人が睨み合って空気が悪くなると、キャッチャーをしていた人物が割って入ってきます。

その人物は3人をしっかり褒め簡単に空気を変えたのです。

 

そのキャッチャーをしていた人物が玄崎が目をかけた最後の人物で、このチームの要『皆浦 純一』です。

皆浦の野球の実力は平均的ですが、最大の特徴は『高いコミュニケーション能力』だと考えます。

 

そして玄崎は4回戦について考えるのですが、総合力では静央が有利だと思います。

しかし『ある条件が2つ揃えば』冨士ケ丘シニアが勝つと予想します。

その条件は『河村の前に走者が出る』と『河村と勝負をする』です。

と言うのも河村の3試合での打率が10割だったのです。

 

一方文吾と袴田と真琴の3人は一緒にある人物の元を訪れます。

それは上本牧の諸星と砂川の所で、文吾はこの前の試合後に失礼な事を言ったと侘びに来たのです。

しかし諸星たちは「そんな事言い来たのか」と笑い、グラウンドで起こった事は外まで持ち込まないと文吾に謝る必要はないと言います。

だけどグラウンド上では必ず復讐すると念を押され、3人は帰ります。

 

帰りの電車で袴田は敗者復活があるのは4回戦からで3回戦目で、負けた上本牧には次がないと言います。

文吾はあれだけ頑張っている諸星たちの姿を思い出し「これが勝つって事か」と考えます。

そしてその負けていった人たちの思いも背負い『明日も勝とうと』と意気込みを見せます。

 

場面は変わり瑛太と尾野が2人で練習を続けてるのですが、新球は完成するのでしょうか?

試合はいよいよ明日になったのですが…。

スポンサーリンク

「BUNGO」175話の感想は?

冨士ケ丘シニアにも河村以外に優秀な選手がいるようですが、ピッチャーの碓井と西浦の成績を見ると失点もしているので静央は打ち崩す事は出来そうです。

 

チームワークも皆浦を中心にまとまっている気がしますが、冨士ケ丘シニアで一番の驚異はやっぱり河村だと思います。

 

河村は打席に立てば必ずヒットを打っていますし、瑛太は抑える事が出来るか不安になります。
もしかすると最初の打席は新しい変化球で三振を取れそうですが、ボールに慣れてきた場合は抑える事は厳しいのかなと予想します。

 

それに玄崎の予想の通り河村は敬遠すれば問題なさそうですが、瑛太もエースの意地や文吾への対抗心を見せ勝負する事になると思います。

次回からは試合が始まりますが、どういう展開になるかとても楽しみです。

 

そして意気込みを見せる文吾にも登板のチャンスは来るのでしょうか?

監督の考え方も変わってきているので、瑛太の活躍次第なのかなと思います。

 

次回ブンゴ176話のネタバレはこちらから読めます。

ブンゴ176話ネタバレ!最終調整をする瑛太の出来栄えは?【最新話】
こちらではヤングジャンプ連載中である漫画「ブンゴ(BUNGO)」176話のネタバレと感想を紹介しています。 前回は・・・ 記者の玄崎が河村以外の冨士ケ丘シニアにいるメンバーを一人一人チェックして行きます。 その中で...

二月の勝者の最新刊を5円で読む裏技

「漫画の続きが気になって夜も眠れない」

「二月の勝者の最新話はどうなってるの!?」

そんな風に続きが気になっているあなたに朗報です。

実は「U-NEXT(ユーネクスト)の31日間無料トライアル」に登録すると「最新話を含めた二月の勝者のコミック」がたった5円がで読めちゃうんです。

 

というのも、U-NEXTのトライアルなら600ポイントが無料でもらえちゃいます

で、二月の勝者コミックスは605円。

つまり、5円だけ手出しすれば、コミックの続きを読むことができちゃうんです。

二月の勝者の勝者を5円で読む

 

「や…5円でも出すのは嫌だ」という人なら、二月の勝者が連載されている「週間ビッグコミックスピリッツ」を購入するのもあり。

こちらでしたら346円からなので、ポイントを使って無料で読むことができちゃいますよ。

週間ビッグコミックスピリッツを無料で読む

 

もちろん、二月の勝者以外に気になる漫画があるならそちらを購入してもOKですし、読んでしまった後は31日以内に解約してしまえば、それ以上お金がかかることはありません

さらに、無料トライアル期間中はアニメや映画、ドラマも見放題。ちょっとした暇つぶしにも最適。

無料トライアルはいつまであるかわからないので、気になる人は今のうちに登録して二月の勝者の続きを読んでしまいましょう♪

今なら二月の勝者最新刊が5円で読めちゃいます。急げ~!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ヤングジャンプ
スポンサーリンク
guestをフォローする
いつでも漫画

コメント

タイトルとURLをコピーしました