弱虫ペダル523話ネタバレ!黒田よ、スイッチを入れろ!

弱虫ペダル公式画像 週刊少年チャンピオン

弱虫ペダルは、漫画や秋葉原をこよなく愛するオタク少年主人公小野田坂道が、ひょんなことから自転車競技部に入部し、数々の困難を乗り越えながらも活躍し、成長していく新感覚スポ根漫画です。

今回も最新話のネタバレを紹介します。

ちなみに前作のネタバレはこちら。

弱虫ペダル522話ネタバレ!箱根学園 黒田の過去が明らかに!?

 

スポンサーリンク

弱虫ペダル523話ネタバレ!最新話のあらすじや内容は?

前号からの続きで、黒田の回想から始まります。

相手から押されてヒジテツを食らい、吹っ飛ばされた黒田。

倒れ行くなかで、押した相手のこと・その言動を振り返ります。

そこで、どうしても自分の先輩やハコガクを馬鹿にされたことを許せない!!と感じた黒田。

 

速攻で飛び乗り、レースへ復帰します。

 

落車の影響か、色々と自転車にも不具合が生じています。

また、タイムロスも50秒~1分10秒程度あります。

 

それでも冷静さを取り戻した黒田。

6kmのコースで各週25秒ずつつめて2周半で追いつく算段を立てます。

言葉通り、2周半でヒジテツを食らわせた相手に追いついた黒田。

 

最後のスプリントで、ぶち抜きをかまします。

 

レース後ぶっ倒れますが、相手に(ハコガクすげーーー)と思わせることには成功しました。

。。。という回想をインターハイ中の真波との会話の中で繰り広げます。

これがオレの「スイッチ」であると。

 

年々受け継いできた先輩たちからの伝統。

常に王者であり続けなければいけないハコガク。

それがけがされ、危うくなった時。

勝たなければならないとき。

 

それが、黒田のいう「スイッチ」が入るときなのです。

 

ケガが痛い

キズがうずく。

そんなことは言い訳にならない。

 

勝たなきゃダメ

勝たなきゃ意味がない!!

 

そんな一心で、黒田はスイッチを入れ、加速します。

1日目に痛めたケガを抱えた体で。

そして加速したのち総北をとらえます。

 

が、黒田はそこで力尽き、打倒総北のバトンを託します。

人に頭を下げない黒田が頼りにするまでに成長した「真波」に。

そして一つだけオーダーします。

 

ハコガクにとって最高の結果だったと言わせてくれ!というオーダーを。

 

そしてようやく回想シーンが終わり現実にもどります。

そんな黒田の言葉を受けて、真波は気合を入れなおします。

「そろそろ飛ぼうか」というセリフを引っ提げて・・・

弱虫ペダル523話の感想は?

先週から続いた黒田の回想編の続きでした。

草レースでのひと悶着でした。

黒田という男の「スイッチ」という割には、舞台がややしょぼくないか??と正直思ってしまいましたが。。

てか、倒れてた50秒か1分そこらの間に、同じレースにでてる泉田や、篠崎は追い付かなかったんでしょうか?

(オレが倒れても、レース自体は取ってくれる!!)とか言ってた割に、全然追い付いていないやん!最後黒田復帰して頑張んなかったら、優勝とかできてなかったやん!!

とか思ってしまいますが、そこはご都合主義なんすかね?

 

(きっとどっかで追いつきながら泉田達と話して、「ここはオレが獲るから、お前らは控えてろ」くらいのことは言ったかもしれませんが。)

で、無事レースは黒田の圧勝で幕を閉じます。

このあとヒジテツくんとは和解したのかな?

。。

。。。

という話が合ったのさ。

的な感じで、真波に話をしてた黒田。

。。

。。。

忘れてた。

これ、回想シーンの中の回想シーンだった。。

回想が先週から続いていたので完全に忘れてしまってましたが、この黒田のヒジテツ事件のくだりは、回想の中の回想シーンでした。

確か先週そのレース中に、荒北のことも回想してたよね?

。。

。。。

回想シーンのなかの回想シーンのなかの回想シーン!!!!!

なかなかこんなシチュエーションありませんね。

すげーや、作者。

しかも今週の回想シーンの中の回想シーンのなかで、一コマだけ荒北の「言い訳すんな」という回想シーンのなかの回想シーンのなかの回想シーンを入れ込んできています。

ぐちゃぐちゃでわかりずらそうですが、

読むとすっとわかるのがこの渡辺先生のスゴさでしょうか。

心に火が付いたっぽい真波の来週からの快走が期待できます。

残り1400mで、何回抜きつ抜かれつ(と回想)が入るか、見ものです。

 

ちなみに次回のネタバレはこちらからどうぞ♪

弱虫ペダル524話ネタバレ!残り1400mで先頭に立った坂道だが!?